建設作業員の仕事の年収・時給・給料(求人統計データ)

建設作業員の仕事の平均年収は約439万円。日本の平均年収と比較すると低い傾向にあります。
月給で換算すると37万円、初任給は22万円程度が相場のようで、アルバイト・パートでは平均時給が1,197円となっています。

正社員の給料分布を見てみるとボリュームが多いのは449〜499万円の水準で、平均年収の439万円はこのゾーンよりも低い水準に位置しています。
全体の給与幅としては251〜648万円と比較的広いため、勤務先や経験・求められるスキルによっても大きな差があると見受けられます。


建設作業員は、建設現場での様々な作業を担当します。具体的には、鉄筋の組立や加工、解体作業、基礎工事、外壁工事などがあります。これらの作業は、マンションやビル、戸建て住宅などの建設に欠かせない重要な役割を果たします。資格が必要な場合もあり、例えば、フォークリフトの操作や土木施工管理技士の資格が求められることがあります。建設作業員は、体力と技術を活かして、建物の安全と品質を支える重要な職業です。

給料情報の算出について

記載の給料情報は2024年6月に求人ボックス上で掲載されていた求人情報から算出した給料情報です。

※平均年収(時給):集計対象求人における給与水準の中央値を示しています。

※日本の平均年収:国税庁の令和3年分「民間給与実態統計調査結果」に基づいています。

建設作業員の仕事の地域別給料

地域別で比較すると最も平均年収が高い地方は関東で、その中でも埼玉県が490万円と高い水準になっています。 一方、最も給与水準の低い都道府県は350万円の秋田県で、埼玉県との差は140万円にのぼります。

※求人件数の少ない都道府県は集計対象外となっています。

エリアマップ

建設作業員の仕事の条件別給料

ここでは条件付きの求人から算出した給与水準を表示しています。
「女性」という条件では全体比-2%程度で、「寮」という条件だと全体比+5%となるなど、条件によっても給与に差があることが伺えます。

建設作業員の仕事一覧

建設作業員の仕事情報

求人件数の推移

求人ボックス上に掲載されていた求人件数(1K=1000件)

関連する仕事を探す

人気職種の給料情報

※本ページに記載の給料情報は、各企業が掲載している求人情報内の給料情報に基づき当サイトが独自に試算したものであり、実態とは差異が生じていることがあります。あくまで参考値としてご理解ください。

※データのご利用については、出典が「求人ボックス 給料ナビ」であることを明記、もしくは本ページへのリンクを掲載の上ご利用ください。